ちょいネタ

味噌ラーメン

味噌ラーメンが最初に誕生したのは、1955年だと言われています。
これは北海道の札幌において「味の三平」という食堂を経営していた店主が考案したわけですが、その誕生の経緯が変わっていると思います。
この店主がアメリカのリーダーズ・ダイジェストという雑誌を読んでいたところ、日本人は味噌をもっと活用するべきだという記述に衝撃を受けたようです。
この店では従来のラーメンも作っていたはずですから、この雑誌の内容に触発されて、日本人らしい麺料理を作ることになったらしいのです。
この雑誌を編纂したのはアメリカの会社であるため、日本人はアメリカ人にも感謝しなければいけないことになります。

発祥に関しては他にも説があり、先程と同じ店に訪れたアメリカ人が豚汁を食べていたところ、中華麺を入れて欲しいというリクエストをしたという話です。
これはエピソードの一つと考えられており、実際には先程のアメリカの雑誌の影響が大きかったようです。

1955年に誕生してからは、もっちりとした太麺も開発されて美味しさが向上しました。そのおかげもあり、北海道のご当地グルメとしても人気になり、昭和40年代以降には全国に伝播することになりました。

発祥地は札幌だと思っていましたが、よく調べてみると他の地域にも似たような麺料理があることが分かります。

例えば、愛知県岡崎市で作られている八丁味噌ラーメンは、札幌で発祥したものと比較すると、基礎的な材料は全く異なります。
そのため、岡崎市で作られているものは札幌から伝わったものではなく、当地で独自に開発されたものであることは明らかです。

山形県でも同様な料理があり、昭和35年頃には生まれていたようです。
これは南陽市にある「龍上海」という店が開発した赤湯辛味噌ラーメンのことで、こちらは札幌の系統と似ているような気がします。ところが、札幌と山形の間には長い距離があり、この地域には独特な食文化があるため、こちらも別々に発祥したと考えるのが無難です。

山形県の作り方は、赤湯ラーメンの系統になるもので、もともとは鶏ガラや魚介などをベースにした醤油スープで構成されていました。
残ってしまったスープを店主が持ち帰り、味噌を加えて汁物として食べたのがルーツだと考えられています。
魚介を多く使っているために、札幌の系統と比較すると独特な風味がありますが、慣れると病みつきになる味です。

こちらでは発酵調味料を好みに応じて付け足すことができるのも、札幌の系統と違う点です。

以上のように、全国各地にご当地ならではの特徴のあるラーメンも多数あります。現地に行かれた際にはぜひ食べていただきたいと思います。

関連記事

  1. ラーメン屋さんの紹介でよく見る腕を組んだポーズ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


南部エリア

  1. 那覇市とんこつラーメン
  2. 【新麺 鯛出汁らーめん めで鯛】【那覇市金城】
  3. 那覇市 麦麦
  4. 辻那覇市波蔵

中部エリア

  1. 浦添市あっさり拉麺
  2. 宜野湾市塩拉麺
  3. 醤油ラーメン沖縄
  4. 【百年本舗 沖縄西原店】【西原町 小橋川】
  5. 鶏白湯らーめん(全部乗せ)の写真 濃厚鶏白湯ラーメンがおすすめ!【らーめん一鉄】【宜野湾市新城】

北部エリア

  1. 豚骨なご

オキタウンおすすめ店舗

【武蔵家 沖縄本店】【那覇市 牧志】 沖縄家系のパイオニア【武蔵家 沖縄本店】【那覇市 牧志】

【武蔵家 沖縄本店】沖縄に「横浜家系」という名を根付かせた名店。2002…

辻那覇市波蔵 ガッツリ系こってり豚骨がクセになるラーメン【波蔵】【那覇市辻】

※店舗オリジナルのクーポンサービスをご利用頂けます。詳しくはページ最終までご覧く…

お役立ち情報

  1. なぜメンマはラーメンの具として上に乗るようになったのか?メンマのイメージ写真
  2. オキタウンラーメン
  3. 豚骨ラーメンの名脇役「紅生姜」いつから入れるようになった?紅しょうがイメージ写真
  4. ラーメンの語源・由来についてラーメン作り風景写真
  5. なはし拉麺
  6. おきなわみずらーめん
PAGE TOP